VISHNU_KV / Pixabay

 

さくらサーバを使っている人がSSL化するにはどうしたら良いのか?

 

こんな悩みを抱えている人もいるかと思いますので、この記事でサクッと簡単にSSL化してしまう方法を解説します。

 

ジョグ
本当にサクッと終わってしまうので、見逃さないようにお願いします(^▽^)/

 

さくらサーバでのSSL/TLS化の方法

それではさくらサーバにおける無料SSL設定方法を解説します。

さくらサーバ側の設定と、WordPress側の設定に分けて解説しますね。

さくらサーバ側の設定

サーバコントロールパネルの左下の「ドメイン設定」から「ドメイン/SSL設定」をクリックします。

ドメイン一覧画面が出てきますので、SSL化したいドメインの右側の「登録」をクリックします。

SSLサーバ証明書概要という画面になりますので、一番上の「無料SSLの設定へ進む」をクリックします。

 

ジョグ
ここでだいたい検討が付くかと思いますが、SSL化するためにはセキュリティを証明するための「証明書」というものが必要になってくるんですね。

 

無料SSL証明書についてという画面になるので、下にある「無料SSLを設定する」をクリックします。

上の画像のようなメッセージが出ましたら、さくらサーバからメールが来るのを待ちます。

SSL証明書が発行されたらメールが届く仕組みになっています。

 

証明書が発行されたというメールが届いたら、再度ドメイン一覧画面を確認してみましょう。

しっかりと、「登録」だけだった場所に

  • 表示
  • 更新

とリンクが出ているのが分かります。

 

WordPress側の設定

それではWordPress側の設定です。

WordPressのダッシュボード左下の「設定」→「一般設定」へと入ります。

  • WordPressアドレス
  • サイトアドレス

 

上記の2点のURLを「https」に書き換えて「変更を保存」を押してください。

 

ジョグ
これでサイトのSSL化作業は完了となります。

 

まとめ:さくらサーバでは過去コンテンツ置換を行ってくれるプラグインも利用できる

さくらサーバ 常時SSL化

このようにさくらサーバでは無料で簡単にSSL化出来ることが分かったかと思います。

ですが、SSL化するということは、サイトURLが全て変わるということ。

 

既存の記事や画像のURLはどうするのか?という対処法ですが、この場合は2通りあります。

 

まず1つ目は、下記の記事にしたがってWordPressプラグインで一斉置換する方法。

この方法もすぐに終わります。

 

2つ目は、さくらサーバが提供している常時SSL化プラグインを利用する方法。

参照【WordPress】SSL化プラグインの使い方

この方法もすぐに後処理を終えることが出来ます。

 

SSL化はSEO対策の観点から見ても非常に大事な部分になりますので、しっかりと設定しておきましょう。

じょさなん
  • ブログ収益化についての無料相談
  • 本格的なコンサルタント依頼
  • ブログやSEOについての質問
多数受け取っております。本当にありがとうございます! いつでもお待ちしておりますので、下記の記事を読んでいただけると幸いです(^o^)
おすすめの記事