200degrees / Pixabay

 

WordPressを始めるためのレンタルサーバーってどこが良いですか?

 

初心者からしたら、サーバーをレンタルするっていうだけで大仕事です。

しかもそのレンタルするサーバーでサイト表示速度が変わっていき、Googleからの評価も変わるとすれば…慎重に選びたいですよね。

ジョグ
さて、初心者がWordPressをインストールするならエックスサーバー…という風潮ができていますね。

レンタルサーバーには代表的に以下のものがあり、

  • エックスサーバー
  • さくらサーバー
  • ロリポップ

主ににこれらの中から初心者の方はサーバーを選ぶかと思います。

 

そこで僕が推奨するのは、「さくらサーバー」です。

かれこれSEO対策やアフィリエイトというものを初めて5年経ちますが…5年間ずっとさくらサーバーです。

 

今回の記事では、初心者がWordPressを始める際に何故さくらサーバが良いのかという理由と、さくらサーバをレンタルする方法を述べていきたいと思います。

 

この記事を読むべき人は…

  • 初心者でWordPressを始めたいけどサーバーに関してよくわからない人
  • さくらサーバの良い点が分からない人
  • さくらサーバをレンタルする方法を知りたい人

となっております。

この記事を読み終わるころには、上記の人の悩みはすっかりと消えていることでしょう。

 

さくらサーバで使うWordPressは重いという古い情報

さくらサーバ WordPress 遅い

実は、さくらサーバーはWordPressの動作が重いと話題になっていました。

 

WordPressはPHPというプログラム言語で動いているのですが、その動作環境が時代遅れだったことが原因です。

PHPの動作環境には2種類あり、「CGI版」「モジュール版」があります。

 

その違いは、Apache(アパッチ)と呼ばれる世界中で使われているWEBサーバソフトウェアと、PHPというプログラム言語の動作方法にあります。

 

サイトの中のコンテンツをクリックされた際に、このApacheとPHPプログラムが動いて、ページが表示されるわけですが…

CGI版とモジュール版ではこのような違いがあります。

 

CGI版

Apacheが眠っているPHP言語に指令を出してページを表示するため、タイムラグがある。

 

モジュール版

ApacheとPHP言語が不眠不休で常に待機しているため、ページ表示までのタイムラグが少ない。

 

かなり簡単な説明になりますが、初心者はこの程度分かっていれば十分でしょう。

さくらサーバではずっと前からCGI版を使用しており、WordPressの動作がとても重いことが問題視されていました。

 

しかし、2018年4月18日より「PHPモジュールモード」のサービスを開始し、WordPress等のアプリケーション動作速度を最大16倍ほどに高速化しました。

このことがあり、さくらサーバでのWordPress遅い問題は解決されたといってもいいですね。

 

※2018年4月18日以降にサーバ契約したお客様しかこのモジュール版は使えないので、それ以降から契約している方はサーバーの乗り換えをオススメします。

 

さくらサーバの良い所は他にもたくさんある

さくらサーバ メリット

さてここで、さくらサーバの良い点を述べていきましょう。

僕が5年間も使っているのはこうしたメリットがあるからだったんですね。

 

まず安くて老舗なサーバであること

さくらサーバはとても安いですね。スタンダートプランでサーバをレンタルしても、月々515円しかかかりません。

一番安いライトプランであれば月々129円という安さです。

WordPressを利用したいというのであれば最低でもスタンダートプランからになるので、月々515円ですね。

 

稼働率が99.99%の実績

稼働率99.99%…という実績を出していますが、どうやって計測したのかは分かりません。

しかしさくらサーバ自体かなり老舗であり、使っている企業さんもかなり多いです。

 

無料でSSL/TLS化することが出来る

ホームページのセキュリティ強化における重要な内部対策「SSL化」ですが、これもワンクリックで無料で利用できます。

SEO対策をしていきたいという人からすれば、これはかなりのメリットですね。

 

FTPいらずのファイルマネージャーが使いやすい

さくらサーバのコントロールパネルから、WordPressの内部フォルダなどを操作できるファイルマネージャを使うことが出来ます。

本来はサーバーとファイルのやり取りをするにはFTPと呼ばれるファイル転送プロトコルというものを使わなければいけません。

ジョグ
ファイル転送プロトコルとは、サーバーと自身のPC環境でファイルの転送を行うためのプログラム言語だと思ってください。

この初心者には理解しがたいFTPというものも、さくらサーバを使っていれば使う機会が激減します。

自分のパソコンのファイルエクスプローラを操作する感覚で、さくらサーバ上のファイルを操作することが出来ます。

 

これらの点があり、僕は5年間さくらサーバを使い続けています。

クセが強そうだから苦手なんだよな…という人もいますが、1度使って覚えてしまえば何ともないです。

 

ちなみに今なら2週間無料で使うことが可能です。

クレジット決済ではなく銀行振込にも対応しているので、クレジットカードを持っていない学生さんでもサイト運営をすぐに始められます。

 

WordPressを始めるためのさくらサーバのレンタル方法を解説

さて、ここからはさくらサーバのレンタル方法を解説していこうと思います。

とても簡単ですぐに終わる作業ですので、一緒に終わらせてしまいましょう。

 

ホームページからスタンダートプランを選択する

ホームページへ飛ぶと、上の画像のような画面になるかと思います。

WordPressを始める前提で話をしていますので、左から2番目のスタンダートプランの「お申込み」をクリックしてください。

 

初期ドメインを決める

初期ドメイン入力画面になるかと思います。

ここで悩む方がいると思いますが、ここで入力したものがサイトのアドレスとなるわけではないので、特にこだわらず適当に決めてしまうことをオススメします。

 

初めての方は新規会員登録を済ませる

上のような画面になるので、初めてさくらサーバを利用される方は「新規会員登録へ進む」をクリックしましょう。

 

すると、通知先メールアドレスの入力画面になります。

入力したメールアドレスへ認証コードが届くので、それを次の画面でも入力しましょう。

認証に成功したら、個人情報の入力画面になります。

ここでは個人か法人かだけ気を付けてください。

 

支払い方法を選択して完了

支払い方法を選択しましょう。

年間一括で申し込むと、2か月分お得になります。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 請求書払い

この3つのどれかを選ぶことが出来ます。

支払い方法を選択して、お申込内容の確認に進めば完了となります。

 

受信した「仮登録完了のお知らせ」メールは保存しておこう

申し込み完了後に送られてくる仮登録完了のお知らせというメールには、大事な情報が書き込まれています。

絶対に無くさないように保存しておいてください。

また、そのメールからサーバコントロールパネルへ直接飛ぶことも出来るので、非常に便利です。

 

まとめ:2019年のさくらサーバは動作も速くなっているので本当にオススメ

さくらサーバ オススメ 2019

どうでしたか?

この記事を読みながら進めていけば、サクッとさくらサーバをレンタルできたかと思います。

何といってもPHPモジュールモードの導入により、WordPress速度が最大16倍にまでなったのがとても大きいですね。

サーバーを借りるのも非常に簡単で、超老舗サーバーなので気になって事はすぐに電話して聞くことも可能です。(僕も何度かお世話になりました。)

 

次の記事では、ブログやサイトを始めるための独自ドメインを取得する方法を解説しています。

このさくらサーバを使った独自ドメインの取得方法です。

ジョグ
この記事を読みながら、一緒にWordPressサイトを立ち上げていきませんか?

じょさなん
  • ブログ収益化についての無料相談
  • 本格的なコンサルタント依頼
  • ブログやSEOについての質問
多数受け取っております。本当にありがとうございます! いつでもお待ちしておりますので、下記の記事を読んでいただけると幸いです(^o^)
おすすめの記事