Lalmch / Pixabay

 

皆さんは記事に画像を挿入していますか?

SEOライティングの基礎を解説する記事でも書きましたが、記事中に適度に画像や図を挿入することは、ユーザーに内容をイメージ付けさせる有効な手段です。

文字だけのコンテンツだとユーザーも飽きが来てしまうので、脱活字社会においても画像の挿入は非常に大事だと言えます。

 

さて、ここで思うのが、画像挿入って面倒ではありませんか?ということ。

わざわざGoogleで関連するキーワードを打ちこんでフリー素材を探し、ダウンロードしてはWordPressにアップロードして貼り付ける。

その作業が非常に面倒ですよね。

 

今回はそんな画像挿入が面倒だと思っている人にはとても有益な内容となっております。

今回紹介するプラグインの名前は、「Pixabay Images」。

WordPressの記事投稿画面内で3つの処理を行えます。

  • フリー画像の検索と選択
  • 挿入する画像自体の設定
  • 画像の挿入やアイキャッチ画像の設定

この3つの作業をWordPress上ですべて終わらせることにより、画像検索から挿入までにかかる時間を大幅に短縮できます。

初心者でも誰でも使いこなせるプラグインですので、ぜひ使い方をマスターしておきましょう。

Pixabay Imagesを使って記事への画像挿入を時短する方法

Pixabay Imagesをインストールして有効化する

参照Pixabay Images

プラグインをインストールして有効化します。

このプラグインも、WordPressのダッシュボード内からインストールすることが可能です。

 

記事投稿画面のテキストエディタ上部のボタンをクリックする

有効化すると、記事投稿画面などのテキストエディタ上部にボタンが出現します。

このボタンをクリックしましょう。

キーワード検索して画像を選択する

ボタンをクリックすると、画像検索画面になります。

キーワードを入力して検索マークを押しましょう。

画像がいくつも出てくるので、気に入ったものをクリックします。

 

画像自体の代替テキストなどを設定する

 

画像がダウンロードされ、画像情報の設定画面に入ります。

SEO対策としては、代替テキストは設定しておくべきでしょう。

キャプションはなくても結構です。

サイズもお好きなものを選びましょう。

 

記事に挿入するかアイキャッチ画像へ設定する

最後に、「投稿に挿入」か「アイキャッチ画像として使用」、それか「削除」を選びます。

記事に挿入したい場合は「投稿に挿入」 アイキャッチ画像として使いたい場合は「アイキャッチ画像として使用」をクリックしましょう。

 

確認して終了

選んだ動作が反映されているか確認して、終了となります。

 

まとめ:画像挿入を時短することはモチベーションのアップにもつながる

画像挿入 モチベーション

このプラグインを使えば、画像を探す作業がめんどくさいという方でも簡単に画像挿入ができます。

ただ注意点としては、海外のフリー画像から検索をかけるので、

  • エログロ系の画像も出てくる
  • 日本語を英語に訳して検索をかけているので出てこない単語もある

これらに注意するといいでしょう。

ジョグ

例えば、トヨタの最新モデルの記事を書いていたとして、その機種名や「トヨタ」と検索しても画像は出てきにくいです。

「車」と検索したり、「車 赤」と検索したりすることで、画像が出てくるでしょう。

これらの点に注意しながら、このプラグインを使いこなし、記事作成にかかる時間を短縮していきましょう。

どうせなら、正しい方向性で努力してみませんか?
  • PDF60ページ分の分かりやすい教材
  • 教材に沿って僕が解説している講義動画

この2つの教材で、貴方の理解度を限りなく高め、月収10万円を達成するためのブログ構築収益化術を教えます。

初心者を200人超コンサルしてきて生み出した、貴方の努力を最大化する計画的ブログ収益化術。

ひたすら記事を書いても収益は望み通りに出ません。正しい方向性でなければ、努力は人を裏切ります。

このノウハウに書いてあることを実践し、安定した土台を整えてブログ運営していけば、月収10万円というハードルは誰にでも超えられます。

おすすめの記事