septimo77 / Pixabay

 

動画をコンテンツに埋め込むことは、ユーザーの滞在時間を大幅に長くします。

ユーザーの滞在時間を長くすることがSEO対策において重要…というわけではありませんが。

 

これは2010年の情報にはなりますが、Forrester Reserchというアメリカの調査会社によると「動画が掲載されたWEBサイトは掲載されていないページに比べると約53倍の確率で検索結果の1ページ目に表示されている」との報告がありました。

 

ユーザーに、しっかりと有益なことを伝えるのには動画が適していることは確かであり、これから通信環境が5Gの時代になることを考えると動画の重要性は増していきます。

 

今回は、記事の最中に動画を埋め込む際はどこに設置したらよいのかという疑問を解決します。

 

Googleでのオフィスアワーでの質問と回答

このような質問が、Googleのオフィスアワーで出ました。

質問者
動画と画像のどちらをページの上に設置したほうが良いでしょうか?

ニュースサイトでは動画の方が内容を伝えるのに適している場合が多いですが、ページ表示速度が気になってしまいます。

動画か画像かにより、Googleからの評価は変わってきますか?

 

これについてGoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が回答しています。

John Mueller氏
WEBでの検索に関して、動画と画像のどちらが先でも評価に違いは出ません。

しかし、検索の見え方には違いが出るかもしれません。

動画が主要コンテンツだとGoogleが認識すれば、動画のサムネイルを検索結果に表示することがあるでしょう。

一方、トップニュースでは画像のサムネイルを表示します。これはArticleの構造化データで指定できるはずです。

WEBでの検索に限って言えば、動画と画像のどちらを先に置いても構いませんが、動画が主要コンテンツでありサムネイルに表示したいのであれば、ページの上の方に設置しておくと良いでしょう。

その方が、Googleは動画コンテンツのページだと認識しやすくなります。

 

構造化データのマークアップで主要なコンテンツを指定しよう

構造化データ マークアップ

上記の回答を見る限り、構造化データのマークアップで重要なコンテンツを指定してあげることが非常に大事なことがわかりました。

 

今回の質疑応答で分かったのは、

  • 主要メディアはコンテンツの上の方へ配置する
  • 構造化データのマークアップでGoogleに正しく認識されるようにする

この2つが大事ですね。

ジョグ
僕からすれば、5Gの時代が来れば、ページ表示速度に関してはだいたい改善されると思いますので、動画コンテンツもバンバン出していくべきだと思います。

下記には、構造化データマークアップに関する記事やサイト表示速度を高速にする方法を書いたものを載せておきます。

参考になればなと思います。

じょさなん
  • ブログ収益化についての無料相談
  • 本格的なコンサルタント依頼
  • ブログやSEOについての質問
多数受け取っております。本当にありがとうございます! いつでもお待ちしておりますので、下記の記事を読んでいただけると幸いです(^o^)
おすすめの記事