StartupStockPhotos / Pixabay

 

SEO対策にとって、ユーザビリティは切っても切り離せないものです。

 

では、ユーザービリティとはいったい何なんでしょう?

何故ユーザービリティを切っても切り離せないのでしょうか?

 

初心者の方はそう思うでしょう。

僕は今でこそSEO対策コンサルタントとして活動していますが、ユーザビリティという単語すら最初は知らない状態でした。

スタートは皆さんと同じです。

 

  • ブログを書いてもアクセスがない
  • 収益なんて雀の涙も出ない
  • お金と時間だけがなくなっていく

 

そんな活動ばかりしていました。

しかし、SEO対策においてユーザービリティが大事だということを学んでからは、少しずつ現状が変わり始めました。

 

  • Googleの検索結果に乗るようになり、アクセスが増えてきた
  • 収益もそれに乗じて増えていき、マネタイズが出来るようになった
  • 時間も短縮でき、余裕のあるサイト運営が出来るようになった

 

ユーザービリティを意識してサイト運営を続けると、このような変化が訪れました。

そこで今回は僕がサイトを作る際に気を付けている、ユーザービリティを満たすための最低3つの基準をお話ししたいと思います。

 

ユーザビリティとはそもそも何のことなのか?

ユーザビリティ 何

 

ユーザビリティとはそもそも何のことなのでしょうか?

Googleで検索してみるとこのようなことが分かります。

 

ユーザビリティ(英語: usability)あるいは日本語で使用性(しようせい)とは、使いやすさとか使い勝手といった意味合いで使われることが多い。 しかし、その語義は多様であり、関連学会においても合意された定義はまだ確立されていない。

ユーザビリティとは、日本語で使用性。

つまり、SEO対策においてユーザビリティとは、その人にとって使いやすいサイトになっているかどうか。ということになります。

 

使いにくいサイトはだれも使いたくありませんよね。

 

探さないと見当たらない情報など、ないものと同じ。ゼロと同じです。

ジョグ
学校から持ち帰ったプリントも、重ねておいておいて後から探しても見当たらなくなったりしますよね。

 

Googleにとって、検索結果というのは商品です。

Googleは検索ユーザーにとって使いやすいコンテンツを、膨大なデータベースの中から選び、提供することで収益を伸ばしています。

 

ジョグ
使いづらいサイトを上位表示するなど、それこそ考えられませんよね。

 

ユーザビリティを満たすための最低3つの基準とは

 

以前このようなツイートをしました。

このツイートにも書いていますが、

ユーザーファーストを実現するため、すなわちユーザビリティを満たすためには、この3つを満たすことが重要です。

 

  1. 一覧性
  2. 安全性
  3. 即効性

 

この3つの要素について、解説していきます。

 

一覧性

あなたのサイトのTOPページは一覧性に優れていますか?

サイトを見ただけで、このサイトにはどんな情報が溢れているのか…それが分からないと、ユーザーの知りたいと思う欲求を満たすことが出来ません。

  • TOPページのグローバルメニューにはしっかりとコンテンツを配置していますか?
  • サイドバーなどで情報の多さをアピールしていますか?
  • 記事の最後にはしっかりと関連記事を提示していますか?

 

前項でも言いましたが、探さないと見当たらないような情報は、ゼロと受け取ってもいいでしょう。

 

安全性

あなたのサイトには、不必要に広告などが入っていませんか?

クリック誘導式の広告などが入っている場合は要注意です。それはマイナス要素でしかありません。

さらに、SSL/TLS化はどうでしょうか?

サイト自体を暗号化し、個人情報を保護することは非常に大事だと、Googleでも公言されています。

  • ホップアップ広告などの過度な広告表示はしていませんか?
  • 記事を開いて最初の画面は、広告で埋め尽くされてはいませんか?
  • SSL/TLS化は済ませていますか?個人情報の保護はしっかりしていますか?

 

この点を特に気を付けていきましょう。

 

即効性

「遅いより速い方がいい」

これは、Googleが掲げる10の真実にもある理念です。

貴方のサイトは、サイト表示速度は快速ですか?

貴方の記事は、ユーザーが知りたい内容を無駄な時間を奪うことなく提示していますか?

ユーザーの時間を無駄に奪うような記事や、サイト構成はGoogleからの評価を下げます。

  • サイト表示速度の改善、AMPへの対応はしていますか?
  • 記事の冒頭部分でユーザーの知りたいことを提示してあげているか?

 

これらの点に気を付けて、サイト運営していきましょう。

 

まとめ:3つの基準を満たせば、結果はついてくる

ユーザビリティ 基準

 

いかがだったでしょうか?

これら3つの基準を満たすことで、SEO対策内部対策を進めることが出来ます。

どうしてもサイト運営していて、上位表示を取りに行くには、「客観的視点」が必要になってきます。

 

  • 自分のサイトは本当にターゲットにあっているか?
  • 自分だけが使いやすいサイトではないのか?

 

これらに気を付けながら、上で紹介したユーザービリティを満たすための3つの基準を実践してみてください。

必ず華は開くことでしょう。

 

じょさなん
  • ブログ収益化についての無料相談
  • 本格的なコンサルタント依頼
  • ブログやSEOについての質問
多数受け取っております。本当にありがとうございます! いつでもお待ちしておりますので、下記の記事を読んでいただけると幸いです(^o^)
おすすめの記事