pixelcreatures / Pixabay

 

記事を書こうと思うと、タイピングが止まってしまう。

いざ書いてみても全然読まれなくて離脱率上がってしまう…。

 

 

記事というのは一番大事なコンテンツSEOの部分で、記事の質を高くしていくことがSEO対策の大前提。

 

こんにちは、ジョグです。

今回は、下記の方々に向けて記事を書いてみました。

  1. ブログを始めてみたけど記事の書き方が分からない人
  2. 記事の書き方はわかるけど読まれなくて困ってる人
  3. アフィリエイトリンク貼ってるのにクリックさえしてもらえない人

 

インターネットの世界は全てが文字と画像で成り立っています。

文字…というか、インターネットの世界は文章が8割占めていますね。

つまり、その文章を制するものがインターネットでの活動を制するんですね。(単純)

 

とか何とか偉そうに言ってる僕も…かなり困ってました。

4年前にアフィリエイトやブログという単語に触れるようになって、独学でやり始めた結果…。

  • 離脱率が異常に高い(80%〜90%)
  • 1つの記事を書き上げるのに4時間くらいかかってた
  • 時間をかけた記事なのに広告クリック率が悪い
  • 検索順位も上がらずアクセス、PVも上がらない

 

こんな感じでした。(笑)

でも僕は、考えに考え抜いて解決策をひねり出しました。

 

「記事を書くのに時間がかかって、しかも成約取れない読まれないブログ」

 

この状況を脱却するためには、記事構成テンプレを作ってしまう」ことが一番の解決策でした。

あらかじめ構成が決められていて、それに当てはめるように記事を書いていったら…楽だと思いませんか?

 

 

しかもその記事構成テンプレを定めて記事を書いていった結果、僕のブログ活動がどう変化していったのか?

  • 離脱率が激減する→記事が読まれる
  • 記事を書く速さが段違いに→1時間くらい
  • 検索順位も上がる→広告成約も増える

 

はい、こんな感じになりました。

記事構成テンプレを覚えて、当てはめて記事を書いていくだけでこれだけの効果が得られたんですね。

 

質の高いコンテンツ(記事)をよりスピーディーに生産できるようになったため、結果的にSEO対策になり検索順位も上がりました。

 

今回はその理由と、実際の記事構成テンプレを公開します

ジョグ
この記事の構成にも注目して読むと…面白いと思います。

 

記事は冒頭部分で勝負が決まってしまう。

皆さんは本屋で本を買う時、その本のどこを見ますか?

おそらく、

  1. 表紙
  2. 裏表紙のあらすじ
  3. 本文1ページ目の数行

 

じゃないかなぁと思います。

 

実はこれ、ブログに当てはめてみると分かりやすいです。

  1. 表示→ブログのロゴやヘッダー画像などのデザイン
  2. 裏表紙のあらすじ→ブログのキャッチコピーやプロフィール部分
  3. 本文1ページ目の数行→記事の冒頭部分

 

このように当てはめると分かりやすいかなぁと思います。

売れてる本は、この3つともしっかり作り込まれています。ブログもこの3つを作り込むことが大事ということも察しがつきますね。

 

そして、本屋で本文1ページ目の数行を読んだ貴方…しっくり来なかったら買いませんよね。

分かりづらくて読むづらい文章だったら、読みませんよね。

 

ブログも同じです。

記事が読まれるかどうかは、冒頭部分で決まります。

 

冒頭部分を読んでもらい、「これって私が読みたかったものだ」と思わせることが必要なんです。

 

ジョグ

参考までに…ダレンシャンという有名な本の最初の1行目。

「僕の名前はダレンシャン。好きなものは…スパイダー!」

ファンタジーを読みたいと思う人の心を掴んでしまう、素晴らしい文章だよね!

 

書き方次第で検索順位が上がっていくSEO的メリットとは?

じゃあなんで、記事構成をしっかりと練ると検索順位が上がっていくのか?

それは、「読まれる記事」にはSEO的メリットが沢山あるからなんですね。

 

Googleの検索順位を上げるためには、もちろん内部対策が必須ですよね。

内部リンクを整えたり、タイトルにキーワードを混ぜたり。

 

しかし、Googleが検索順位を上げるために評価する要素(ランキングシグナル)に、以下のようなことがあります。

  • 離脱率
  • サイト滞在時間
  • PV数

 

この3つです。

今回の記事構成の考え方を学ぶと、この3つの要素全てをプラスにすることが可能です。

  • 離脱率→下がる
  • サイト滞在時間→増える
  • PV数→増える

 

記事の構成がしっかり練られていて、読んでいて気持ちの良い記事を書くと、上記3つの効果が得られます。

「ユーザー第一」主義のGoogleさんからすれば、検索順位を上げるのは当然ですよね。

 

 

ブログアフィリのポイントは読者さんと距離を縮めていくこと。

では、ここで記事でアフィリエイトリンクを貼って成約するポイントを解説します。

今回紹介する記事構成テンプレは、しっかりと当てはめればアフィリエイトで成約を取れる確率がグンと上がります。

 

それはなぜなのか?

気付かないうちに読者さんとの距離を縮めることが出来る文章構成だから。なんですね。

 

ジョグ

皆さんは、家に営業マンが来たことはありますか?

無くても想像してください。( ´∀` )

 

成約率が高い営業マン

契約を取れる有能な営業マンは、まずは「不信感」を与えないことから始めます。

清潔感のある髪型と、しっかりとスーツを着込み、表情豊かにしゃべります。

相手の悩みの核心を上手に突き、その悩みに寄り添って距離をどんどん縮めていきます。

 

成約率が低い営業マン

では契約を取れない無能な営業マンはどうでしょう?

無能な営業マンといっても、努力家で勉強熱心です。契約内容について入念にリサーチして、準備万端の体制でドアをノックします。

でも、頑張っているけども…、「情熱」でお客様を「説得」しようとしてしまう。

ドアを開けて、不信感満載のタイミングで自社の商品を紹介し始めたり。

 

確かに、若い営業マンが情熱的に自社の商品を紹介してきて、契約は取れることもあると思います。

しかし契約を本当に取れるのは、

 

お客様と距離を縮めて、信頼構築してから商品の魅力を語り、「納得」を得ることが出来る営業マン

なんですね。

 

アフィリエイトとはブログやサイトと言った媒体を使って営業をかけ、その紹介料を受け取るものです。

出来る営業マンのような文章構成でブログを書かなければいけないんですね。

 

SEOに強く成約率が上がる記事構成テンプレ解説

では、この文章構成について散々解説して…ようやくテンプレの公開です。

上記にも書いてある通り、

  1. 冒頭部分で心をつかむ
  2. 検索順位も上がっていく
  3. 読者さんと距離を縮められる

 

この3つにフォーカスを当てた文章構成になります。

 

この構成を頭に入れておいて記事を書いていくと、かなり記事執筆速度は速まるかと思います。

では行ってみましょう!

 

問題提起…読者にズバリ問いかけて心を掴もう。

記事はまず、問題提起しないと始まらないですよね。

ここで、どのようなターゲットに向けて書いている記事なのか今一度考えてみましょう。

 

例えばこの記事(皆さんが今読んでるこの記事)

 本記事の問題提起部分

記事を書こうと思うと、タイピングが止まってしまう。

いざ書いてみても全然読まれなくて離脱率上がってしまう…。

 

記事というのは一番大事なコンテンツSEOの部分で、記事の質を高くしていくことがSEO対策の大前提。

 

こんにちは、ジョグです。

今回は、下記の方々に向けて記事を書いてみました。

  1. ブログを始めてみたけど記事の書き方が分からない人
  2. 記事の書き方はわかるけど読まれなくて困ってる人
  3. アフィリエイトリンク貼ってるのにクリックさえしてもらえない人

ただ単に、

「今回は記事の書き方が分からない人に向けて書きます。」

という問いかけよりも、ターゲットはその問題に対してどう思っているのかを考えます。

 

記事の書き方が分からないタイピング止まらね?

文章構成が分からないグダグダで読まれなくて離脱率高くならね?

 

というように、悩みを深堀りしていって核心を突くことが大事です。

そして、上手く核心を突けたなら、「そう!今回はこのような人に向けて記事を書いてます!」というように定義しちゃいます。

読者さん
あっ…これ私の事かも…

そう読者さんに思わせることが出来れば、冒頭部分の掴みはOKです。

 

経験談…読者に安心と共感を与えて距離を縮めよう。

さぁまだ冒頭部分です。

ここで悩みの核心を突き、ターゲットを定義した後は「安心と共感」というスパイスを与えます。

 本記事の経験談部分

とか何とか偉そうに言ってる僕も…かなり困ってました。

4年前にアフィリエイトやブログという単語に触れるようになって、独学でやり始めた結果…。

  • 離脱率が異常に高い(80%〜90%)
  • 1つの記事を書き上げるのに4時間くらいかかってた
  • 時間をかけた記事なのに広告クリック率が悪い
  • 検索順位も上がらずアクセス、PVも上がらない

 

こんな感じでした。(笑)

はい、今回の記事ではこのように書いてます。(決して嘘は書いてません。)

 

人は、自分と同じ価値観を持っている人に対して好感を抱きます。

そして、今抱えている悩みを改善した人の話は”聞いておいて損はない”と思います。

読者さん
えっこの人、私と同じ悩み持ってたんじゃん。

 

こう思わせることが出来れば、このスパイスは効果アリということになります。

 

結論提示…解決策をここで提示して読者を飽きさせない。

まだです、まだ冒頭部分です!(笑)

読者さんに対して自分の経験談を述べて、同じような悩みを抱えていたことを伝えたら…。

その悩みがどうしたら解決したのかをここで伝えます。

 本記事の結論提示部分

でも僕は、考えに考え抜いて解決策をひねり出しました。

 

「記事を書くのに時間がかかって、しかも成約取れない読まれないブログ」

この状況を脱却するためには、「記事構成のテンプレを作ってしまう」ことが一番の解決策でした。

あらかじめ構成が決められていて、それに当てはめるように記事を書いていったら…楽だと思いませんか?

 

悩みをシェアしただけでは、ただ愚痴が交差する飲み会と同じです。

どうやって解決したのかを伝えることにより、相手にとって「メリット」のある話だと思わせることができます。

読者さん

マジか、解決策教えてくれるん?

聞くだけ聞いてみよかな…。

こんな感じに思わせることが大事ですよね!

 

その後の結果提示…その解決策を実行した結果を提示して読者に希望を与えよう。

そして冒頭部分の最後。

解決策を実行したら、その悩みがどう改善されたのかを伝えていきます。

 

思ってみれば当然の話ですよね。

営業マンも、商品を上手に売り出すときは「これを導入すると解決しますよ!具体的にこのような効果が得られます!」みたいな感じで紹介しますよね。

 本記事の結果提示部分

しかもその記事構成のテンプレを定めて記事を書いていった結果、僕のブログ活動がどう変化していったのか?

  • 離脱率が激減する→記事が読まれる
  • 記事を書く速さが段違いに→1時間くらい
  • 検索順位も上がり、広告成約も増える

 

はい、こんな感じになりました。

記事構成テンプレを覚えて、当てはめて記事を書いていくだけでこれだけの効果が得られたんですね。

本記事ではこんな感じです。

ここで読者さんには、「私もこうなれるのではないか?」と思わせます。

しっかりと冒頭部分の掴みが出来ていれば、読者さんの心理面をコントロールすることも出来るんですね。

 

ジョグ

コピーライティング技術は本当に凄い。

文章書けるだけで食べていけます。

 

理由を細分化して説明…見出しを上手く使って読者を「納得」させよう。

ようやく見出しを使って本文を書いていきます。

本記事では、「記事は冒頭部分で勝負が決まってしまう。」からになりますね。

 

ただ買ってください!と情熱的にオススメするのではなく、論理的に「納得」させることを意識しましょう。

 

アフィリエイトは「説得」ではなく「納得を得ることで成約がとれます。

 

そして、ここから少し難しいお話。

論理的に説明してあげることにより、その商品を買ってしまった時の言い訳も用意してあげます。

 

人はどうしても周りの目を気にしてしまう生き物です。

第三者からツッコまれた時の言い訳があると…人の行動力は大きくなります。

 

ジョグ
ねぇねぇ、ずっと思ってたんだけど、なんでこれ買ったの?
購入者さん

いや!これ別に勢いで買ったわけじゃないんだよ!

理由がいくつかあるんだけど、まずは…~~~。

 

っというように、購入した人が上手にその商品の魅力を語れるように紹介できれば一流ですね。

 

逆に、商品紹介じゃなくても同じです。

例えばこの記事は

  • 読者さんに少しでも記事構成の考え方について知ってもらう。
  • 記事構成テンプレを覚えることにより記事執筆速度を速める。
  • 読者さんが記事の質を上げることができ、成約もとれるようになる。

 

という目的(ミッション)があります。

 

この場合は本文で具体例を示しながら論理的に説明してあげることにより、理解度を上げることができます。

 

 

ジョグ

いいか?お前ら!

記事の質はな!書けば書くほどあがるんだよ!だから書け!

文章構成はこれで決まりだ!これに沿って黙って書け!

なんて僕が言うよりも、こうして段階を踏んで説明して「納得」してもらうことにより、本記事の目的を達成することが出来るます。

 

まとめ…好きにまとめましょう。

はい、最後はまとめです。

これに関しては好きにまとめてもらって構いません。

 

説明した理由を、箇条書きでリストアップしてあげても分かりやすいですね。

記事を書いているときの心境を書くのもいいです。

 

商品紹介の記事ならば、ここでもう一回商品を推してみるのも良いですね。

大事なのは「冒頭部分」…そして本文でどう「納得」させるかです。

 

まとめ:テンプレ1つで365日24時間営業をかけることが出来る。

 

少し長くなってしまいましたが、僕の記事構成についての考え方とテンプレを今回は紹介しました。

 

ブログという媒体は、インターネット上に存在し、365日24時間営業をかけてくれます。

YouTubeもそうですね。

 

文章力が上手く有能な営業マンのようになれれば、1年中「オススメ商品を最大の効果で営業をかけること」ができます。

コピーライティング技術を1から学んで、文章構成…記事の構成を1から勉強しようと思っている人は、まずは僕が紹介したテンプレを使ってみてはいかがでしょうか?

 

  1. 問題提起
  2. 経験談の共有
  3. 結論提示
  4. 結果提示
  5. 理由の説明
  6. まとめ

 

1~4までは冒頭部分になりますが、この記事構成を覚えておくだけで記事執筆速度は格段に速くなるはずです。

皆さんのブロガー活動,アフィリエイト活動が加速するよう祈っております。

 

今回の記事はこれで終了します。

 

記事を上手に書けることは、とても大事なSEO内部対策です。

内部対策については、下記の記事で基本知識などを解説しておりますので、興味のある方はどうぞ(^▽^)/

じょさなん
  • ブログ収益化についての無料相談
  • 本格的なコンサルタント依頼
  • ブログやSEOについての質問
多数受け取っております。本当にありがとうございます! いつでもお待ちしておりますので、下記の記事を読んでいただけると幸いです(^o^)
おすすめの記事